• キャンペーン
  • 各種英検コース
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 料金・交通費
  • よくある質問
  • 生徒・保護者様の声
  • コラム

HOME > コラム > アーカイブ > 2016年5月

コラム 2016年5月

家庭教師 広島城北中学 入試問題分析(社会) 2016

広島城北中学の2016年の入試問題(社会)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に広島城北中学の 2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、広島城北中学志望の会員さんの担当教師に渡した「広島城北中学用目標シート 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に広島城北中学で出題された問題は全部で45問、49単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっていることもあるので単元の方が多くなります。)

そのうち、22単元が「目標シート」で「◎=最重要」、7単元が「〇=重要」、15単元が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の90%に何らかの印をつけていたことになります。

残り5問が無印だったわけですが、地理の食品工業の問題3問は全くのノーマークでした。

歴史のその他の問題はテーマとしては奈良時代から江戸時代までの日本の各地の人口の推移なのですが、実質的には与えられた表を読み取るだけの問題でした。

政治の地方自治の問題はノーマークでした。


「目標シート」の単元・レベルの数は全部で300個です。
このうち「広島城北中学用目標シート」で付けた印は171個でした。

57%の単元・レベルに印を付けて90%の出題をカバーできたのはかなりの的中率だったのではないでしょうか。

2016年の問題も2015年までと大きく傾向が変わることはありませんでした。
広島城北中学の傾向はこちらを参考にしてみてください。



家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

家庭教師 修道中学 入試問題分析(社会) 2016

修道中学の2016年の入試問題(社会)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に修道中学の 2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、修道中学志望の会員さんの担当教師に渡した「修道中学用目標シート 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に修道中学で出題された問題は全部で51問、54単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっていることもあるので単元の方が多くなります。)

そのうち、40単元が「目標シート」で「◎=最重要」、6単元が「〇=重要」、4単元が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の92.5%に何らかの印をつけていたことになります。

残り4問が無印だったわけですが、地理の東北地方の問題2問のうち1問は同じ問題のもう一つの単元の方に「〇」を付けていました。
もう1問の方はノーマークでした。

地理の伝統工業の問題は10年で1問も出題されておらず全くのノーマークでした。

歴史の大正~戦中の問題はレベル4が出題されましたが、レベル3には「〇」を付けていました。


「目標シート」の単元・レベルの数は全部で300個です。
このうち「修道中学用目標シート」で付けた印は173個でした。

58%の単元・レベルに印を付けて92.5%の出題をカバーできたのはかなりの的中率だったのではないでしょうか。


2016年の入試問題の特徴は3点
 歴史の問題では出来事や人物の知識だけではなく、その出来事や人物が活躍した時代がいつなのか?ということが常に問われています。

② 地理の問題では、例年通り都道府県や都市の特徴が表れたデータからいくつかの都道府県や都市を見分けさせられる問題が 出題されました。さらに2016年は「湖沼」のデータを見分ける問題も出題されました。

③ 政治の問題では、時事問題が多く出題され、その時事問題から関連する事柄について知識を問うような出題のされかたになっていました。

「記述式」と「データの取り扱い」文部科学省が進めようとしている教育改革の方向性に沿ったものなので、今後もデータを使った問題は出題されるでしょうし、もう少し記述の問題が増えるかもしれません。

時事問題から関連するテーマをいくつかピックアップして準備をしておくのも有効かもしれません。



家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

1

« 2016年4月 | メインページ | アーカイブ | 2016年6月 »

このページのトップへ