• キャンペーン
  • 各種英検コース
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 料金・交通費
  • よくある質問
  • 生徒・保護者様の声
  • コラム

HOME > コラム > 入試問題情報 > 修道中学 入試問題分析 2016年 算数

コラム

< 修道中学の合格体験記(2016)に先生からのコメントを追加しました  |  一覧へ戻る  |  家庭教師 広島学院中学 入試問題分析(社会) 2016 >

修道中学 入試問題分析 2016年 算数

修道中学の2016年の入試問題(算数)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に修道中学の2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、修道中学志望の会員さんの担当教師に渡した「修道中学用目標シート 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に修道中学で出題された問題は全部で22問、29単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっているものもあるので単元の方が多くなります。)
そのうち、12問が「目標シート」で「◎=最重要」、10問が「〇=重要」、0問が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の41%を「最重要」、34%を「重要」、0%を「要注意」としていたことになります。

残り25%に当たる7問が「無印」になっていました。そのうち1問は1つ前のレベルにまでは印を付けていましたが、残り6問は全くのノーマークでした。

速さの大問は「線路沿いの車や人」に分類したのでノーマークとなりましたが、外見上この単元に見えるというだけで、「線路沿いの車や人」の問題の解法パターンを使って解くわけではないので「その他の速さ」に分類した方がいいのかもしれません。
そして、「その他の~」に印が入っていた場合、どのような問題を練習しておけばいいのかが曖昧なため結局事前準備はできなかったと思われます。(だからノーマークもやむなしだったと言い訳させてください)

今年の修道の算数では「△=要注意」の印を付けた単元からの出題が一つもなく、75%の問題が「◎=最重要」と「〇=重要」からの出題で残りの25%が無印でした。
これは、修道ではお馴染みの問題がたくさん出題されると同時に、残りは過去にまったく出題されてない単元、あるいは塾のテキストや問題集に載っていないタイプの問題が出題されたということを表しています。
ただし、馴染みのない問題もレベル3止まりなので、その場であれこれ頑張れば解けた受験生がほとんどだと思います。

また、問題単位で見ると22問中17問に何らかの印を付けていました。

2016年受験用の「修道中学用目標シート」では全単元・全レベルの42%に「◎」「〇」「△」のいずれかの印を入れましたが、修道中学で実際に出題された単元・レベルの77%を押さえることができたので、まずまずの的中率だったのではないでしょうか。

 先ほども書きましたが、普通に中学受験の準備をした受験生がお目にかかったことがないようなタイプの問題が複数出題されたことは重要です。よく訓練してきた受験生よりも、その場で課題を工夫して処理できるような受験生を取りたいということだと思います。

また、レベル4以上の難問は出題されませんでした。
基礎から標準的なレベルまでを確実に出来るようにしておくことと、パターン暗記型の学習ではなく、論理的に筋の通った解き方を普段から心がけておくべきでしょう。

大きな分類では「規則性」の問題が出題されなかったので、来年は高確率で出題されると思われます。




家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

カテゴリ:

< 修道中学の合格体験記(2016)に先生からのコメントを追加しました  |  一覧へ戻る  |  家庭教師 広島学院中学 入試問題分析(社会) 2016 >

同じカテゴリの記事

家庭教師 広島城北中学 入試問題分析(社会) 2016

広島城北中学の2016年の入試問題(社会)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に広島城北中学の 2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、広島城北中学志望の会員さんの担当教師に渡した「広島城北中学用目標シート 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に広島城北中学で出題された問題は全部で45問、49単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっていることもあるので単元の方が多くなります。)

そのうち、22単元が「目標シート」で「◎=最重要」、7単元が「〇=重要」、15単元が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の90%に何らかの印をつけていたことになります。

残り5問が無印だったわけですが、地理の食品工業の問題3問は全くのノーマークでした。

歴史のその他の問題はテーマとしては奈良時代から江戸時代までの日本の各地の人口の推移なのですが、実質的には与えられた表を読み取るだけの問題でした。

政治の地方自治の問題はノーマークでした。


「目標シート」の単元・レベルの数は全部で300個です。
このうち「広島城北中学用目標シート」で付けた印は171個でした。

57%の単元・レベルに印を付けて90%の出題をカバーできたのはかなりの的中率だったのではないでしょうか。

2016年の問題も2015年までと大きく傾向が変わることはありませんでした。
広島城北中学の傾向はこちらを参考にしてみてください。



家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

家庭教師 修道中学 入試問題分析(社会) 2016

修道中学の2016年の入試問題(社会)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に修道中学の 2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、修道中学志望の会員さんの担当教師に渡した「修道中学用目標シート 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に修道中学で出題された問題は全部で51問、54単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっていることもあるので単元の方が多くなります。)

そのうち、40単元が「目標シート」で「◎=最重要」、6単元が「〇=重要」、4単元が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の92.5%に何らかの印をつけていたことになります。

残り4問が無印だったわけですが、地理の東北地方の問題2問のうち1問は同じ問題のもう一つの単元の方に「〇」を付けていました。
もう1問の方はノーマークでした。

地理の伝統工業の問題は10年で1問も出題されておらず全くのノーマークでした。

歴史の大正~戦中の問題はレベル4が出題されましたが、レベル3には「〇」を付けていました。


「目標シート」の単元・レベルの数は全部で300個です。
このうち「修道中学用目標シート」で付けた印は173個でした。

58%の単元・レベルに印を付けて92.5%の出題をカバーできたのはかなりの的中率だったのではないでしょうか。


2016年の入試問題の特徴は3点
 歴史の問題では出来事や人物の知識だけではなく、その出来事や人物が活躍した時代がいつなのか?ということが常に問われています。

② 地理の問題では、例年通り都道府県や都市の特徴が表れたデータからいくつかの都道府県や都市を見分けさせられる問題が 出題されました。さらに2016年は「湖沼」のデータを見分ける問題も出題されました。

③ 政治の問題では、時事問題が多く出題され、その時事問題から関連する事柄について知識を問うような出題のされかたになっていました。

「記述式」と「データの取り扱い」文部科学省が進めようとしている教育改革の方向性に沿ったものなので、今後もデータを使った問題は出題されるでしょうし、もう少し記述の問題が増えるかもしれません。

時事問題から関連するテーマをいくつかピックアップして準備をしておくのも有効かもしれません。



家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

広島なぎさ中学 入試問題分析 2016年 算数

広島なぎさ中学の2016年の入試問題(算数)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に広島なぎさ中学の2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、広島なぎさ中学志望の会員さんの担当教師に渡した「広島なぎさ中学用目標シー ト 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に広島なぎさ中学で出題された問題は全部で20問、24単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっているものもあるので単元の方が多くなります。)
そのうち、11問が「目標シート」で「◎=最重要」、1問が「〇=重要」、9問が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の46%を「最重要」、4%を「重要」、38%を「要注意」としていたことになります。

残り12%に当たる3問が「無印」になっていました。
このうち、「相似形と形の比(辺と辺)」のレベル4は同じ問題のもう一つの単元に「△」を入れていて、「数の性質(偶数・奇数)」のレベル3は1つ前のレベルには印を付けていました。「虫食い算」のレベル3だけは全くのノーマークでした。

2016年受験用の「広島なぎさ中学用目標シート」では全単元・全レベルの42%に「◎」「〇」「△」のいずれかの印を入れましたが、広島なぎさ中学で実際に出題された単元・レベルの88%を押さえることができました

広島なぎさ中学の2016年の入試問題(算数)では、大きな分類の「比と割合」・「場合の数」・「その他」からの出題が無く、「規則性」からもレベル2が1問出題されただけでした。
2017年はこれらの単元から出題される可能性はかなり高いと思っています。

平面図形の難しめの問題もコンスタントに出題されているので、しっかり準備して下さい。



家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

安田女子中学(Ⅱ) 入試問題分析 2016年 算数

安田女子中学(Ⅱ)の2016年の入試問題(算数)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に安田女子中学(Ⅱ)の2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、安田女子中学(Ⅱ)志望の会員さんの担当教師に渡した「安田女子中学 (Ⅱ)用目標シー ト 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に安田女子中学(Ⅱ)で出題された問題は全部で26問、34単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっているものもあるので単元の方が多くなります。)
そのうち、8問が「目標シート」で「◎=最重要」、7問が「〇=重要」、4問が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の23%を「最重要」、21%を「重要」、12%を「要注意」としていたことになります。

残り44%に当たる15問が「無印」になっていました。
このうち7問は同じ問題のもう一つの単元に印を付けていたり、1つ前のレベルには印を付けていたり、志望校に関わらずマスターする必要があるとしている「必修単元」だったりで、まったくのノーマークだったのは8問でした。


2016年受験用の「安田女子中学(Ⅱ)用目標シート」では全単元・全レベルの33%に「◎」「〇」「△」のいずれかの印を入れましたが、安田女子中学(Ⅱ)で実際に出題された単元・レベルの56%を押さえることができたのでまずまずの効率だったとは思いますが、ノーマークが8問というのはちょっと外しすぎだったなと反省しています。

 安田女子中学(Ⅱ)の2016年の入試問題(算数)の出題分野は、消去算、サイコロを振って進む問題、時計の針の角度、偶数・奇数といった過去にほとんど出題されていない単元の問題が何問か出題され、逆に立体図形の問題や旅人算、速さとグラフといった頻出単元からの出題が無かったり少なかったりしました。

来年も過去の頻出単元からの出題を減らして新しい単元から出題してくるのか、それとも2015年以前の傾向に戻るのか、どちらとも考えられます。(2017年の入試を見ればその後の流れは予想できるのですが・・・。)

問題の難易度は例年通りでレベル4の問題は1問も出題されませんでした。

2017に安田女子中学(Ⅱ)を受験される方は、出題されそうな単元をあまり絞り込まずに幅広く勉強し、その代わりレベル4以上の難問に手を出さないように準備することをお勧めします。





家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

安田女子中学(Ⅰ) 入試問題分析 2016年 算数

安田女子中学(Ⅰ)の2016年の入試問題(算数)を分析しました。

イー・エイチ・カルチャーでは各中学の入試問題を過去10年分を中心に分析して、「学校別目標シート」を毎年作成しています。
担当教師が生徒1人1人に作る、単元・レベル別にどこまでできるようになったかを記録する「チェックシート」と連動して使用することで、志望校合格のためにやるべきことが一目で分かるようになっています。

実際に安田女子中学(Ⅰ)の2016年の入試で出題された問題の単元・レベルと、安田女子中学(Ⅰ)志望の会員さんの担当教師に渡した「安田女子中学(Ⅰ)用目標シー ト 2016」で 「◎=最重要」「〇=重要」「△=要注意」の印を付けた単元・レベルとがどれくらい合っていたのかをチェックしてみました。

2016年に安田女子中学(Ⅰ)で出題された問題は全部で25問、35単元。(一つの問題が複数の単元にまたがっているものもあるので単元の方が多くなります。)
そのうち、15問が「目標シート」で「◎=最重要」、0問が「〇=重要」、1問が「△=要注意」となっていた単元・レベルの問題でした。
出題された問題の43%を「最重要」、0%を「重要」、3%を「要注意」としていたことになります。

残り54%に当たる19問が「無印」になっていました。
このうち15問は同じ問題のもう一つの単元に印を付けていたり、1つ前のレベルには印を付けていたり、志望校に関わらずマスターする必要があるとしている「必修単元」だったりで、まったくのノーマークだったのは4問だけでした。


2016年受験用の「安田女子中学(Ⅰ)用目標シート」では全単元・全レベルの19%に「◎」「〇」「△」のいずれかの印を入れましたが、安田女子中学(Ⅰ)で実際に出題された単元・レベルの46%を押さえることができたので効率が良かったとは思いますが、過去に出題されていない単元やレベルで出題される可能性のあるものをもう少しピックアップしておくべきだったと反省しています。

 安田女子中学(Ⅰ)の2016年の入試問題(算数)の出題分野はこれまでの傾向と大きく変わってはいませんが、これまで出題された問題より若干難易度の高い(難しい)問題が多く出題されました

また、安田女子中学(Ⅰ)は他の中学で出題される問題とは一味違う、その場であれこれ工夫したり問題文で与えられた「技」を使いこなして解かなくてはいけないような問題が多いのが特徴だったのですが、2016年の問題は割と普通の入試問題だった気がします。

また、1番最後の問題のように一見「レベル3」に見える問題でも、よく気を付けて処理しないと間違えるような仕掛けがあって実は「レベル4」というような問題もありました。

逆に大問4の(3)のように本当は「レベル4」の難問だけど、「こういう法則が成り立ってるからそれを利用して解きなさい」という誘導に乗って処理すれば解けるので「レベル3」という問題もありました。




家庭教師のE・H・カルチャー
(イー・エイチ・カルチャー)
広島,家庭教師,個別指導,受験

このページのトップへ