HOME > 【高校受験】難関校受験 / 公立・私立受験 / 内申点対策

【高校受験】難関校受験 / 公立・私立受験 / 内申点対策

難関校

広大附属高校、広大附属福山高校、修道高校、基町高校、県立広島高校、その他県内外のトップクラスの難関高校を目指す方は、通っている中学の定期テスト対策とは別に入試問題に対応するための勉強が必要です。また、公立中学の学習進度に合わせていたのでは入試直前まで習っていない単元が残ってしまうので、学校で習ってない単元を先取りで導入する必要もあります。
イー・エイチ・カルチャーの教師は高い志をもった生徒さんにはそういった生徒さんに合ったカリキュラムを組み、より発展性の高い問題に取り組むような指導を行います。たとえば数学では、通常は別学年に分けて教える1次関数と2次関数を連続で指導したりします。普通レベルの生徒さんだと混乱しやすいのですが(ですから公立中学のカリキュラムでは学年を分けて教えているのです)、レベルの高い生徒さんだったら一気に教えてしまった方がかえって理解しやすく、1次関数・2次関数に共通する内容の導入が2度手間にならずに済むこともあって時間も節約できるのです。

公立私立

広島県の公立高校入試は推薦入試に当たる選抜Ⅰと通常の学力テストを受ける選抜Ⅱがあります。私立高校は公立高校の選抜Ⅰと同じ日に行う推薦入試と学力テストを行う入試があります。
 
早めの内申対策  
選抜Ⅰで受験する場合は内申点が大きくものをいいます。その内申点は中1の最初の定期テストの結果から全てが反映されるので(詳しくは内申点対策をご覧になってください)是非早めにイー・エイチ・カルチャーの指導を始めてください。ただし選抜Ⅰで志望する高校に合格できる生徒は少ないですし、そもそも中学に推薦してもらえる人数が限られているので、選抜Ⅱや私立高校の学力テストを受けるつもりで準備をしておく必要があります。
 
指導開始時に基本方針をしっかりと決めます  
イー・エイチ・カルチャーでは生徒さんが入会する時に、それまでの成績表を確認させていただくようにしています。それまでの内申点と志望校と入会していただく時期を総合的に判断して、内申点重視型・学力テスト重視型・両者バランス型等、指導の基本方針を決めて(もちろん保護者の方の了解を得ます)担当教師に指示を出します。
 
本筋を外さない指導  
内申点重視の指導というと、その中学の定期テストの過去問を入手して出題パターンを予想し、生徒にそのパターンを覚えさせるような指導を行うところが多いのですが、(確かにこれだととりあえず点数は上がります)それでは本質的な学力は身につきません。このようなやり方では選抜Ⅰの推薦に漏れたら最後、選抜Ⅱでは相当ランクを落とさないといけなくなりますし、たとえ選抜Ⅰで合格したとしても高校に入ってからの勉強が非常にきつくなってしまいます。イー・エイチ・カルチャーでは内申点重視の指導方針になった場合、もちろん試験範囲にあわせた指導をしますが、あくまでも本筋に沿って試験範囲の単元を本質的に理解させるような指導を行います。
学校の勉強の予習・ノートの取り方・復習・覚えものの覚え方を、教師がどのように関わるのかも含めて生徒さんに合ったやり方で構築していくのが担当教師の仕事になります。

総合的に指導します
当社の高校受験を担当する教師は最低2教科以上の指導ができることを採用条件にしています。なかには5教科すべて指導できる教師もおります。週1回の指導 で2~3教科をカバーすることが可能ですので、苦手な科目に絞って指導を受けていただけば経済的負担を少なくすることも可能です。

内申点対策

現在の内申点は、1年次・2年次・3年次の成績に応じて決まる点数を合計して決めています。3つの年次の配点は同じになっていて、基本的には各年次に受ける定期テスト全ての結果が反映されます。したがってイー・エイチ・カルチャーに入会する以前の内申点はどうしようもありません。保護者の方も生徒さん本人もこの点を割りと甘く考えていることが多い気がします。1年次から常に志望校に対して必要とされる内申点以上の成績を出してきてればいいのですが、もし下回っていた場合は、残りの期間で求められる成績は志望校のボーダーよりかなり上のものになります。定期テスト前だけあわてて頑張るようなやり方では間に合いません。普段の授業の予習・復習のやり方、ノートの取り方、小テストや提出物があるのならそれらの完璧な準備のやり方、試験前に何を使ってどういう順番で準備をするのか、こういった諸々のことを生徒さんの通っている中学のやり方を調べながら的確に指示を出し、実行を手伝っていくのが教師の仕事になります。
 
生徒さんの性格に合わせたやり方の構築  
定期テスト対策には基本となるやり方がありますが、あくまでも平均的な生徒さん向けのやり方なので、実際に担当する生徒さんの性格に合わせてアレンジしなくてはいけません。「問題集で試験範囲の問題を全部やってみて、できなかった問題はもう1回やり直す」というのが基本的なやり方になりますが、例えばたくさんの問題をやることを嫌う生徒さんには、問題集からピックアップした問題だけを解かせて、「ただし、1問間違えるごとにその問題と同じタイプの問題2問が追加になるからね。」と言って少ない問題に集中して取り組ませたりします。反対にやたらと数多く問題をやるけど1問1問に集中していない生徒さんには、2問ピックアップして制限時間を厳し目に設定して、「この2問を2分30秒以内で両方当てなきゃダメ!」と言って集中力を引き出すように指導したりします。

総合的に指導します
当社の高校受験を担当する教師は最低2教科以上の指導ができることを採用条件にしています。なかには5教科すべて指導できる教師もおります。週1回の指導 で2~3教科をカバーすることが可能ですので、苦手な科目に絞って指導を受けていただけば経済的負担を少なくすることも可能です。

3年生限定 広島県公立高校入試問題過去問指導コース

対象高校・・・広島県公立高校選抜Ⅱ(国泰寺高校や安古市高校の数学のような高校独自の出題に関しては対象外)

指導科目を1科目選んでいただきます。

90分または120分の指導を4回以上でお申し込みください。
指導を開始してからでも状況に応じて増回数を承ります。

近3年分の過去問のコピーは当社でご用意します。(一部国語の問題が入手できていない年度がありますが、その場合は順次繰り下げてご用意します)

なお、このコースに関しては入会金は必要ありません。「高校受験コース・中学3年生」の1回あたりの料金×回数だけで受講していただけます。
詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせください。

料金

このページのトップへ