HOME > 生徒・保護者の声

生徒・保護者の声

桜美林大学フライトオペレーションコース 合格体験記 2018

生徒氏名 T.M 君  担当教師 W先生・U先生・T先生

私は幼い頃からパイロットになりたいという夢を抱いてきました。
高校になり実際どのようにしたら夢に近づくことができるのだろうと
悩んでいた所、先生がまずはオープンキャンパスに行ってみたらと
アドバイスしてくれました。

4校ほど足を運び、ここだ!と思える学校がみつかりました。

それから英語、数学、物理の3科目に焦点をあて指導して頂きました。
それでも成績が伸びず諦めようと思う時もありましたが、先生が親身に
なってご指導して頂いたおかげで無事に合格を勝ち取ることができました。

合格体験記14.jpg


U先生
合格体験記16-1.jpg
 

広島大学附属中学 合格体験記 2018

生徒氏名 M.K さん  担当教師 H先生

私は先生が来てくださるまで理科がとても苦手で、模試ではいつも平均点以下の点数しか
とれませんでした。

しかし、先生とこれまで曖昧にしていた暗記の部分を理由まで考えて覚えることと
計算問題を出来るまで何度も解くことをくりかえすことで理科の成績が上がり、模試では
成績優秀者に入ることが出来ました。

暗記の部分を完璧にして基礎を固めたことが合格につながったのだと思います。

合格体験記15.jpg


担当教師 H.S先生
合格体験記17.jpg

修道中学 合格体験記 2018

生徒氏名Y.S 君  担当教師 N先生他

修道中学校に入りたいと思った動機は、昔ながらの校風を今なおくずさないとても威厳のある
学校だからです。

それに向け、1年生から6年の夏までここ(イー・エイチ・カルチャー)とは違う塾に行っていた
けれど、あまり成長が見られませんでした。

そこでE・H・カルチャーに塾を変えると、良い先生とたくさん出会い、ぐんぐん学力が付き
勉強だけではなく、人生の生き方も教えてくれ、2つの意味で学ぶことができました。

それで修道まで上り詰めることができたし、本当に感謝しています。


合格体験記13.jpg

広島女学院中学 合格体験記 2017

生徒氏名H.M さん  担当教師 W先生

私が第一志望校に合格できた理由は「モチベーションUP」です。

受験は不安などでマイナス思考になりがちですが、不安のままでは受験には打ち勝てません。

かといって、ほめてもらうだけでも自信にはつながりません。

現状をしっかり把握し、今できることをアドバイスしてコツコツ実力を積み上げてくれる、そんな支えがあったからこそ今の私があるのだと思います。

合格できて本当に嬉しかったです。

先生、本当にありがとうございました。

合格体験記10.jpg

修道中学 合格体験記 2017

生徒氏名 K.H くん  担当教師 村岡先生

我が家がイー・エイチ・カルチャーさんにお世話になり始めたのは、小6の10月からです。

真面目に頑張っている割には成績がなかなか伸びず、このままでは本当に残念な結果になるかもしれないとの危機感から相談させて頂きました。

ご相談する前は、受験4ヵ月前にお願いできる先生がいらっしゃるのか等々、色々と不安がありましたが、「責任を持ってお預かり致します。」と言って頂き、とても気持ちが楽になったことを覚えています。

家庭教師の先生には、苦手科目の国語と理科を教えて頂きました。12月の模試もC判定で本人はとても落ち込んでいましたが、「大丈夫だから」と先生に励まして頂きながら丁寧にご指導頂いたおかげで、第1志望の修道に合格することができました。

成績が思うように伸びず、本人も苦しんだ時期がありましたが、決してあきらめず、がんばり抜いた息子を誇りに思います。

マイペースな息子なので、先生には最後までご心配をおかけしましたが、志望校に合格できるようお力添え頂きまして本当にありがとうございました。

合格体験記11.jpg


担当 村岡先生


合格体験記12.jpg








ノートルダム清心中学 合格体験記 2017

生徒氏名 Y.A さん  担当教師 W.K先生

私は、算数が、ある事をしたら急速に伸びました。
それは「ひたすら解く」という事です。
ひたすらやると算数のカンが磨かれ、算数に慣れていきます。

また私は、今まで解いた問題の中で間違えた問題をノートにまとめ、時間が経つと解くをくり返しました。

社会などの暗記は、教科書の内容をノートにまとめて、それを声に出して読みました。
耳、口、目、手が内容を覚えてくれました。
私は、このおかげで社会の偏差値が10上がりました。

試験のときは緊張しますが、適度な緊張は「集中力」となります。



合格体験記9.jpg

立命館大学 合格体験記 2016

生徒氏名 F.S 君  担当教師 E.N先生 

受験のことを意識し始めたのは高3になってからでした。
意識するといっても、先生や親、友達が受験モードに入っていくのを見て漠然と感じていただけでした。

勉強も、夏に入ってようやく英単語から始め、数学、理科、社会と少しずつ進めていきました。
当然夏の模試でもE判定しかなく、焦り出した結果家庭教師に来てもらうことにしました。

得意な科目を一つも持っていなかったので、一つでも自信の持てる科目が欲しいと思い、やれば点数が確実に取れる
英語を教えてもらおうと思いました。

その結果、英語の実力も伸びていき、何とか良い成績を取れるようになれたのですが、センター本番で見事に全教科
失敗してしまいました。

これにより目標を私立大にきりかえ、立命館を目指し二次の勉強を進めました。
合格発表までずっと不安でしたが、合格後のことを妄想したり、ネットで検索したりしてモチベーションを保っていました。

とにかく、浪人は絶対にしないと決めていました。
勉強は全て家庭教師や学校の先生に言われた事を繰り返しやっていました。

ずっと勉強し続けるのも大切だとは思いますが、たまには合格した後の大学生活のことを妄想したりしてニヤニヤしてみるのも
良いと思います。

最後まであきらめなければよい結果が出ることを学びました。
ありがとうございました。


合格体験記6.jpg


担当教師 E.N先生

合格体験記8.jpg




修道中学 合格体験記 2016

生徒氏名 M.K 君  担当教師 S.Y先生 I.S先生 W.K先生

M.K君のお父様より

思いもよらぬ合格を頂き、家庭教師の先生には心より感謝致します。

息子は典型的な落ち着きのない男子で、頭の中はレゴ、ゲーム、野球のことばかり。
とても真剣に勉強に取り組んでいたとは言えず、親子バトルが日課でした。

模試はいつもC.D判定。12月最後もD判定で、情けないやら腹が立つわで
最悪の事態に備えて心の準備をしていました。

そんな絶望感を抱いていた私達に希望の言葉をかけて頂き、息子にも入試直前まで
あきらめることなく温かい言葉をかけながら御指導頂いたことに感謝の言葉以外に見つかりません。

こんな息子ですが家庭教師の先生が大好きで、授業をいつも楽しみにしていました。

私達の方があきらめないことがいかに大切かを学んだ受験生活でした。


合格体験記5.jpg



I.S先生より

合格おめでとうございます! 受験校軒並み合格され、本当に快挙ですね。

はじめは塾のペースとのバランスが難しかったり、成績に変動が大きく

一喜一憂がありましたが、目標をあきらめず学習をやり続けようとされたことが
良かったと思います。

基本を大切にし、語彙力のアップと論理力を鍛え続けるとともに、K君のペースを
つかんでいくことを心がけました。

直前に過去のテストのやり直しをされて、以前より自分自身が進歩していることを
実感し、自信をつけたのも良かったですね。

ご家族の温かな協力体制が大きな力になったことと思います。

今後のさらなる充実と飛躍を楽しみにしています。

合格体験記7.jpg

ノートルダム清心中学 合格体験記 2016

生徒氏名 Y.K さん  担当教師 W.K 先生

私がイー・エイチ・カルチャーと出会ったのは、六年生の七月でした。
算数と理科の成績を上げたくてお願いしました。

でも、塾のテストや模試を受けていくうちに、国語の成績の方が目立って悪くなっていきました。
そのせいで、心の精神状態までが不安定になり、問題が解けないと涙が出てしまう事もありました。

そこで、先生を変えてもらい、国語中心の授業にしてもらう事にしました。
国語の力はすぐには結果としてあらわれなかったけど、いつも根気よくていねいに教えてほめて
下さった先生のおかげで少しずつ自分なりに答えを出せる様になりました。

最後の最後まであきらめない事を教えて下さった先生に感謝しています。
そして、私は清心への合格切符を手に入れました。


合格体験記4.jpg


本部スタッフより

合格おめでとうございます。
一時期成績が伸び悩む時期があり、どの科目を優先して勉強するべきか
迷われていましたが、担当スタッフ、担当教師、ご家庭の3者でよく話し合って
解決できたことが良い結果に結びついたのではないでしょうか。

中学生になってからも、何かあればご相談ください。


東京電機大学 合格体験記

生徒氏名 F.Y 君  担当教師 E.N 先生

通信高校に通っていた私は高3になるころに急に大学に行きたくなり,受験勉強を始めました。
しかし、その頃は自分の人生に現実味が感じられず、勉強をやったりやらなかったりで
1年くらいふらふらしていました。 
E先生は昼夜逆転した私の生活リズムに合わせて指導に来てくださり、度重なる直前の
予定変更も許してくださいました。
休憩時間には面白い話もしてくださり、気晴らしに山に連れて行ってくださったこともありました。

時間の流れは速いもので、先送りにしたりその場しのぎでごまかす私の悪い癖が治らないまま
あっという間に12月になってしまいました。
この頃、ようやく世間並みの受験生らしい勉強体制になった私は、E先生にこれまでのことを正直に
打ち明け、一緒に志望校を設定し直してもらいました。
「センター試験」利用の入試に絞り、そこからは本当に必死に勉強しました。

いざ本気で勉強し始めてみると、それまで目を背けていた現実の学力が否応なく分かり、毎日が
不安や絶望との戦いでした。
E先生は私のどんな話や悩みも聞いてくださり、助言をくださったり、時には叱ってもいただきました。
おかげで、なんとか逃げ出さずに受験勉強を続けることができ、結果的に本番のセンター試験で
「自己最高点」を取ることができ(前年の得点率約5割から今年は7割に伸びました!)、なんとか
第1志望校に合格することができました。

色々ありましたが、12月以降の最後の数か月の自分の頑張りは自分で褒めてあげたいくらいです。


F.Y君の「合格体験記」の下書きを元に、一部加筆修正させていただきました。

合格体験記3.jpg

12

このページのトップへ